REAL REPORT

当たり前を追求することが自分の成長

安部 眞紀子1987年入社

総務広報課所属。
幸南食糧のことなら何でも知っている超ベテラン!ご来社いただいたお客様に「来てよかった!」と思っていただけるよう、常に明るく、元気で、笑顔で、喜ばれる真心の接客を心がけている。

挨拶・元気・キレイが一流!

弊社では、社会人としては当たり前のことである「挨拶・元気・キレイが一流」になることを全員が意識して取り組んでいます。

会社には様々な部署があります。お客様と直接お会いし商品や企画をご提案する「営業部」、お客様とは直接お会いすることはないですが安心安全な商品をお客様のお手元に届けるために日々尽力している「生産部」、お客様からお電話でご注文をお伺いする「管理部」など、まだまだたくさんの部署があります。

ですが、部署は違えど思いは同じです。安心安全な「おくさま印」のお米を一人でも多くの方々に食べてもらいたい!との思いです。

そこで弊社では、ご来社いただけるお客様には「この会社に来てよかった」「是非こんな会社と取引したい」と思っていただけるように、全員が「挨拶・元気・キレイの一流」に取り組んでいます!

全ては「お客様のため」を合言葉に、ご来社いただくのを心よりお待ちいたしています。

決められたルール以上の目標をつくる

弊社では、先ほどお話した「挨拶・元気・キレイが一流」になるために設定されたルールがあります。

◆ムラの無い挨拶と元気を体に沁みこませるための「元気体温計挨拶」・・・出勤・退勤時にスタッフ同士で握手をしながら挨拶をする取り組み

◆キレイの徹底を意識できるようにする「1.1.2運動」・・・一人が一日に2つのゴミを拾う取り組み

私はこのルール以上の目標を立てています。

出勤・退勤時だけではなく、お昼休憩や業務中でも、その日初めて顔を合わすスタッフには元気体温計挨拶をし、1日10個のゴミを拾うと決めて継続しています。

そうすることで、色々な部署のスタッフとコミュニケーションが計れ、さらに実際にお客様の前に立ったとき自然と元気な挨拶や笑顔が生まれます。この目標を高くもつことで自分の成長に繋がると確信しています。

 


誰でもできることを誰よりもする

私は入社して三十余年。

常に心がけていることは、当たり前のことを誰よりも徹底的にする!ということです。

ムラの無い挨拶、元気な対応、キレイの徹底を社内№1になろうという目標を持っています。

広報での業務を行っているので、ご来社いただいたお客様への工場案内や弊社の取り組みなどをご説明する機会が多くあるのですが、お帰りの際に笑顔で「来てよかった」というお言葉をいただくときが何よりも嬉しいです。

後日、私宛にお電話をいただくこともあるのですが、この仕事をしていて本当に良かったと心から感じることができます。

関連記事 : # 人の心を動かす仕事