REAL REPORT

【対談】「FSSC22000認証取得」知られざる物語

お米を販売するだけの企業じゃない!
お客様からの信頼をいただく・・・
おくさま印の魅力と価値をつくる知られざる物語に新入社員が迫ります。

米本和則2012入社

管理部の責任者。お客様からのご注文、お問い合わせ、来客に対応している。『お客さまの心に寄り添うサービス』に余念が無い。

岡本あいみ2017入社

幸南食糧 管理部 総務広報課所属。幸南食糧の顔として、商品や取り組みなどを積極的にPRを行い、ブランドイメージを高めるため日々尽力している。社内挨拶№1を目指している。

大阪府下 米穀業界で初めての認証取得に挑戦

岡本
弊社が2016年11月に認証を取得した「FSSC22000」とはどのような規格なのでしょうか?
米本
FSSC 22000とは、食品安全マネジメントシステムの1つです。 オランダのFSSC(The Foundation of Food Safety Certification:食品安全認証団体)が、ISO 22000とPAS 220シリーズを組み合わせて開発した規格です。
岡本
すごく難しいですね。
米本
簡単に言えば、世界の流通大手が認めている食品安全の世界基準ということです。食品を安全に流通するために製造メーカーなどが守る世界基準で定められたルールと言えば分かりやすくないですか?
岡本
なるほど、それだと分かりやすいです!
米本
米穀業界でこのFSSC22000を取得したのは、大阪府下所在の精米工場において初めての取得です。また、全国でも4社目の取得となりました。

全てはお客様の信頼のために

岡本
何故このような難しい認証取得に挑戦しようと思ったのですか?
米本
この認証取得を決意したのはスタッフ達の熱い想いからなんです!弊社ではすでにISO9001を取得していたのですが、国際基準であるFSSC22000を取得することにより、現在お取引いただいているお客様や今後お取引いただけるお客様から今まで以上に信頼していただき、弊社のお米を安心してご使用していただきたい!というスタッフ達の熱い想いから取得を決定しました。
テレビや新聞でもよく取り沙汰されていますが、食品にまつわる悪いニュースってすごく不安になりますよね?特に食品に携わっている企業は、本当にこのメーカーから食材を仕入れても大丈夫かな?と、とても不安になっていると思います。FSSC22000を弊社が取得することで、お客様の信頼がより一層のものになるならとスタッフ一丸となって取り組みを開始しました。
岡本
弊社の理念でもある「全てはお客様の立場にたって」ということですね。
米本
そうです。お客様に喜んでいただくためにできることは積極的に挑戦したいと、取得にあたるメンバーもスタッフ内で選出しFSSC食品安全チームを結成させました。

全スタッフの意識を変える

岡本
FSSC食品安全チームでのリーダーを米本部長が務められたということですが、取得するまでに一番大変だったことは何ですか?
米本
一番大変だなと感じたのは、全スタッフに理解させ、意識を変えさせることです。この認証ではより安全に製造するため、設備の改修や新しい設備を投資するなどの〈ハード面〉、また管理運用の〈ソフト面〉の見直しが必要となりました。ハード面ではFSSC食品安全チームで設備を確認し改修や投資などをある程度判断できましたが、ソフト面ではFSSC食品安全チームのメンバーが理解しても実際に運用するの他のスタッフです。メンバー以外のスタッフに、見直した運用ルールで対応させなければいけません。長年やってきた運用と全く違ったルールでの運用になるため、何故そのようなやり方をしなければならないのかを理解させ、意識を変えさせることは本当に大変でした。
岡本
弊社のスタッフは総勢106名。その全員にと考えると確かに大変ですね。
米本
「全てはお客様の信頼のために」を合言葉にスタッフに理解してもらうことができました。やはりお客様の笑顔を想像するとやる気にもなります!

挑戦の先にある挑戦

岡本
取得後はどのように変わりましたか?
米本
この取得で変化したことが大きく2つあります。まず1つ目は働くスタッフの意識が変わり、安心をお届けすると自信をもって製造や、お客様へのご提案ができるようになりました。2つ目は、認証取得により大手企業からのお問い合わせが多くなりました。この認証取得への挑戦により、また新しいフィールドでの挑戦に繋がっていると大変嬉しく感じております。
米本
今回、FSSC食品安全チームのリーダーを務めさせていただき、各部署との横の繋がりの重要性とスタッフとの情報共有、コミュニケーションの重要性とその難しさに気づかされました。ですが、弊社には他社には負けない団結力があるということも実感できました。この団結力で今後も弊社は様々なことに挑戦していきます!

関連記事 : # 新卒が聞く!シゴトの裏側