REAL REPORT

経験だけじゃない新しい発想から生まれる感性

池川瑞貴2017年入社

米匠庵企画デザイン課所属。
何にも縛られない新しい発想力でデザイン、企画など多岐に渡り様々なことに挑戦している。商品完成に至るまでのストーリーやユーザビリティを考え、実際に使っていただくユーザーに寄り添った デザインを常に心がけている。

何にも縛られない自由な発想力

幸南食糧ではスタッフが集まる控え室などにご意見BOXを設置しています。このご意見BOXには、全社員から新商品の味の感想や商品ネーミング案等の意見が集まります。私は新卒1年目のスタッフですが、このご意見BOXに投函したアイデアが採用され、新しい商品名になりました。

デザイナーとして新商品企画プロジェクトのメンバーにも抜擢されました。コンセプトからデザイン・ネーミング・キャッチコピー・販促物など……商品の価値を作る業務全般に関わらせていただきました。お米についてはまだまだ初心者でしたが、逆に業界への先入観があまりなかったからこそ、固定概念に囚われず自由にアイデアを膨らませることができたのかもしれません。

誰にでも「モノをつくる」ことに関わるチャンスがある職場です。自分が新しい風を吹き込むぞ!という意志さえあれば、挑戦できるフィールドが必ずあります。

 

お客様の立場に立ったデザイン企画

デザイナーの仕事というと、ひたすらパソコンとにらめっこしているイメージを持たれている方もいらっしゃるかと思います。ですが、買い手に響く商品を作るためには、自分の足でリサーチすることが大切になってきます。

新商品企画プロジェクトでは若い女性、その中でも「お米をあまり食べない人」にターゲットを絞っていきました。では、そのターゲットは今何に夢中なのか?どうしてお米を食べないのか?逆に何がプラスされていれば食べてくれるのか?常に疑問を持ちながら、色々なスーパーやお店を巡って参考になる商品を買い集めました。これらの視点とリサーチが、商品の魅力を伝える材料となります。

買う側の立場に立った商品を作ること。会社が伝えたいコンセプトを、一番買って欲しい人達に伝えられるデザインの大切さを学びました。

 

 

「モノをつくる」ことの喜び

リサーチと試行錯誤をくり返し、やっとカタチとなった商品。自分がデザインした商品が店頭に並んだときの嬉しさは何にも変えがたい喜びがあります。ですがこれがゴールではなくスタート。ここからお客様からの評価をいただくことができます。

まだまだこれからですが、弊社の商品を一人でも多くの方に食べていただけるよう、お客様の立場に立った商品開発を進めていきます。

関連記事 : # お米の価値を伝えたい