「幸南食糧のお米」というブランド

「幸南食糧のお米」というブランド

幸南食糧のポリシーのもと、安心・安全に作られたお米を日本全国のご家庭で食べてほしい。
そのために、「こしひかり」「あきたこまち」などの品種ではなく、
「幸南食糧のお米」というブランド、おくさま印が生まれました。
「おくさま印」のブランド名は社員みんなで考えたもの。
全国のみなさまに愛されるためには、ごはんを作る方々に愛されるブランドでなければならない。
まずは毎日のごはんを担うすべてのおくさまに愛されるように。そんな想いが込められています。
心にひびくおいしいお米、おくさま印は安全と安心をお約束します。

おくさま印 商品ラインナップ

おくさま印 5つのポリシー

おくさま印のお米を日本のスタンダードブランドにしたい。
そのために、私たちは5つのポリシーを掲げています。

1.品質と味を守る

品質と味を守る

品質が良いのはもちろん、おいしいお米を食べてほしい。
最新鋭の機器を導入した品質管理室で成分を分析。さらに口当たりや舌触り、噛みごたえまでを検査して、高品質でおいしいお米だけをお届けします。幸南食糧の品質管理システムはISO9001の認証も獲得しています。

2.安全性を守る

安全性を守る

安心・安全がおくさま印の信頼。幸南食糧は農薬汚染を考慮したポジティブリスト※1への取組みを行っています。精米では最先端機器を導入して異物の除去を徹底。異種混合や産地の特定に対応するため、DNA鑑定も実施しています。

  • ※1 基準が設定されていない農薬等について、一定の残留濃度を超えた食品の流通を原則禁止する制度。

幸南食糧の高品質への取り組み

3.健康を守る

健康を守る

毎日食べるお米だから、食べる人の健康を守りたい。
マグロの養殖で一躍話題を集めた近畿大学農学部との共同研究で、従来製法では除去されてきた胚芽周辺の栄養成分を可視化する新製法を開発しました。
おくさま印がポリシーに掲げた「健康を守る」を一歩進める新しいお米「金賞健康米」が、ごはん革命を起こします。

幸南食糧は健康を応援しています

4.自然を守る

自然を守る

お米を育む昔ながらの風景は、日本の宝物。
栽培地周辺の環境保護のために、低農薬栽培や美観保全を推進しています。
自社工場でも環境に配慮した事業を進め、社内スタッフの環境に対する意識を高めています。

幸南食糧本社での環境への取り組み

5.地域を守る

地域を守る

まずは地元の皆様から愛される企業になるために。
大阪府の地域清掃プロジェクトに参加するほか、
礼儀正しさを基本とする社員教育に注力しています。
産地の活性化も目指し、生産者さんのパートナーとして
栽培指導を行い、特別栽培米も開発しています。

幸南食糧の社会への取り組み

ページの先頭へ