兵庫県養父市

養父(やぶ)市は兵庫県北部・但馬地域に位置し、2004年に4つの町が合併して発足した中山間地域です。人口は約2万5千人で、幸南食糧の地元である大阪府松原市の約5分の1。
関西の主峰である鉢伏山、氷ノ山を背にしたこの地域は、澄んだ空気と樹齢400年の大かつらの根元から湧き出る清流が、上質なお米が育つ条件を生み出しています。
また、養父市の特徴は美しい棚田です。山間地にある棚田では平地に比べて日の出は遅く、日没が早くなります。この昼夜の温度差が、最高においしいお米を育んでくれます。

兵庫県養父市との挑戦

兵庫県養父市との挑戦

養父市は中山間地域の代表として、東京や関西圏、福岡市など日本の代表都市が名を連ねる国家戦略特区(農業特区)に指定されています。
国土の70%以上を占めるといわれる中山間地域の活性化と、新たな農業のモデル創出を目指して、養父市は立ち上がったのです。
幸南食糧は養父市が100%出資する「やぶパートナーズ」と共に、日本の新たなビジネスモデルを全面的にサポートしています。

ページの先頭へ