• お問い合わせ
  • 幸南食糧の挑戦
  • 法人のお客さまへ
  • 個人のお客さまへ

カテゴリ

過去アーカイブ

  • 2015/11/30商品情報

    米穀卸業界 初 「GABA おかゆ革命」機能性表示食品届出が公表(受理)

    このたび弊社が、かねてより消費者庁へ提出していた機能性表示食品の届出が11月27日、消費者庁より公表(受理)されました。

    弊社は来年2月を目途に、機能性表示食品「GABA おかゆ革命」を販売開始する予定です。

     

    GABAおかゆ革命包材

    「GABA おかゆ革命」には機能性成分「γ(ガンマ)‐アミノ酪酸(GABA)」が含有されており、GABAには血圧が高めな方に適した機能があることが報告されています。

     

    弊社は機能性表示食品制度(※1)が本年4月に始まったことを受けて、「GABA おかゆ革命」の安全性と機能性に関する科学的根拠など、必要事項をまとめた資料を消費者庁に提出、11月27日に公表(受理)されました。尚、商品に関しては来年2月を目途に、機能性表示食品として「GABA おかゆ革命」を販売する予定です。

     

    弊社は1976年の設立から40年間お米一筋で歩んで参りました。

    過去から現在にかけてお米の消費量は減少傾向にあり、弊社はお米の価値と魅力を届けることを使命感として、消費者の求める価値を常に探求した商品開発を行っております。

     

    第一弾として本年4月に弊社から発売しました「近畿大学農学部共同研究開発 金賞健康米(※2)」も食べやすさと栄養を兼ね備えたお米として、消費者の方々からも反響を大きくいただいております。

     

    今後も消費者の方々に必要とされる企業運営を行い、食を通じて健康応援に貢献して参ります。

    CY6C2459

    (※1)機能性表示食品制度…機能性を分かりやすく表示した商品の選択肢を増やし、消費者が商品の正しい情報を得て選択できるようにすることを目的にスタートした制度。国の定めるルールに基づき、事業者が食品の安全性と機能性に関する科学的根拠などの必要な事項を、販売前に消費者庁長官に届け出れば、機能性を表示することができる。特定保健用食品とは異なり、国が安全性と機能性の審査を行わず、事業者は自らの責任において、科学的根拠を基に適正な表示を行う必要がある。

    (※2)近畿大学農学部共同研究開発 金賞健康米…白米として比較して、美味しさと見た目はそのままで、上回る栄養を備えたお米として、近畿大学農学部共同研究開発として生まれた商品です。

    お米の新しい価値として、各メディアにも取り上げ実績のあるお米です。

     

    【参考URL】

    消費者庁「機能性表示食品届出詳細内容」

    http://www.caa.go.jp/foods/todoke_126-150.html

     

ブログ一覧へ

ページの先頭へ