• お問い合わせ
  • 幸南食糧の挑戦
  • 法人のお客さまへ
  • 個人のお客さまへ

カテゴリ

過去アーカイブ

  • 2020/11/24ニュース

    阪南大学様「フィールドリサーチ研修会」にご来社されました。

    弊社は地域貢献活動として、お米の価値と魅力を知っていただくため、

    小学生、中学生の工場見学学習をはじめ大学生の研究活動の場として、

    『工場見学会』を受け入れております。


    この度、松原市の阪南大学流通学部1年生とアシスタントの上級生、

    先生方が、「フィールド・リサーチ」授業の一環として、

    11/11・16 の2日間に分けて、
    弊社松原三宅工場の見学にご来社されました。


    毎年来社され、4年連続・4回目の来社となりました。

    今年はコロナ感染拡大防止のため授業もオンラインでされており、

    11月の研修会開催となりました。

    弊社も感染予防の準備をしてお迎え致しました。

    「フィールド・リサーチ」とは、企業が経営計画や営業戦略を

    策定するときに必要な情報を、自らが現場(フィールド)に行って
    さまざまな調査(リサーチ)を行うことで、
    その重要性を理解し、手法を習得する授業です。

    “お米を新しい発想で捉え直し、これまでとは違った魅力を引き出せる

    新商品を考えよう”という課題を持って来社されました。

    image1

    image2

    image4

    IMG_0620

    IMG_0622

    IMG_0623


    工場見学会の後、弊社担当者より

    お米の流通システムについてお話をさせていただきました。

    image3

    IMG_0626

    今後は学生さんが調査結果を意見交換し、
    お米の新しい価値と魅力についても研究されるそうです。
    ぜひ、若い方々の発想も聞きたいところです。


    弊社では今後も地域貢献企業として
    取り組んでまいります。

ブログ一覧へ

ページの先頭へ