• お問い合わせ
  • 幸南食糧の挑戦
  • 法人のお客さまへ
  • 個人のお客さまへ

カテゴリ

過去アーカイブ

  • 2020/02/28ニュース

    第5回 松原市長杯フットサル大会(小学生の部)へ協賛

    弊社は松原市で創業し、米事業に取り組んで44年が経ちました。

    日頃より〝ごはんの魅力と価値を伝えたい″という想いを全スタッフが共有し、

    取り組んでおります。

     

    そのひとつに、『次世代を担う子どもたちの健全な体作りをサポートしたい』という

    強い想いから青少年育成事業にも取り組んでおり、

    この度、スポーツパークまつばらにて開催されました

    「第5回 松原市長杯 フットサル大会(小学生の部)」にて

    チンするだけでカップのままで手軽に食べられる

    「お赤飯」「旬デリもち麦ごはん」を協賛させていただきました。

    KIMG0551

    KIMG0552

    残念ながら新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、開会式は行われませんでしたが、

    大人顔負けの迫力がある試合が、繰り広げられました。

    KIMG1905

    KIMG1906

    KIMG1907

    幸南食糧株式会社は、お米を通じて、未来を担う子どもたちの健康と

    健全な成長と幸せのために積極的に活動してまいります。

  • 2020/02/27ニュース

    【速報】日本穀物検定協会より令和元年産米の食味ランキングが発表されました。

    この度、日本穀物検定協会より日本全国のお米の食味ランキングが発表されました。

    ブログ用jpg

    ブログ用2

    日本穀物検定協会HP

     

    日本穀物検定協会(穀検)は26日、2019年産米の食味ランキングを発表した。最高位の「特A」に格付けされた産地品種銘柄数は54となり、2年連続で50の大台を超えた。良食味米の販売競争が激しさを増し、初出品の福井「いちほまれ」や、岩手「銀河のしずく」など県独自新品種が特Aを取得。夏場の高温による影響が懸念された中で、「つや姫」や「にこまる」など高温耐性品種の活躍が目立った。
    (中略)
    初めて特Aを獲得したのは、青森「まっしぐら」、福井「いちほまれ」、静岡「きぬむすめ」(東部・中部・西部)など7銘柄。このうち、「いちほまれ」は初の本出品で特Aとなった。
    県オリジナルの新興銘柄では他に、岩手・県中「銀河のしずく」、山形「雪若丸」(置賜・村山)が特Aとなった。
    北海道「ゆめぴりか」「ななつぼし」、青森「青天の霹靂(へきれき)」、山形「つや姫」など初出品以降、連続で特Aを取っている銘柄もある。
    品種別の特A数は「コシヒカリ」が16と最も多い。一方で、「つや姫」「にこまる」「おいでまい」「みずかがみ」など高温耐性品種が特Aを取得した。

    出展:日本農業新聞

  • 2020/02/25ニュース

    幸南グループ2021年卒向け 会社説明会スタートしました。ご参加下さい。

    この度、幸南グループでは、2021年卒の方向けに会社説明会をスタートしました。

    リクルーティングサイトでご案内しております。

    ただの米卸ではない、世界観をご覧いただき、関心を持っていただければ幸いです。

     

    CPsite_recurut_2021

     

    当社では、あべのハルカス29Fオフィスにて下記日程(※予定)で複数回に分けて

    会社説明会を10名以内で行っています。

    お申込みはリクルーティングサイトより受付しています。

    学生さんとお互いの理解を深めながらの就職活動を推奨しております。

    皆様の活動が実りあるものとなりますよう、お祈り申し上げます。

     

    開催日程(予定)

    3/12(木) 17:00~19:00 (説明会、オリエンテーション+懇親会)

    3/25(木) 17:00~19:00 (説明会、オリエンテーション+懇親会)

    ※随時日時は増えていきます。

     

    37094

     

    会場

    あべのハルカス29階

    〒545-6016 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目1−43

     

     

    ※オフィスまでの行き方は下記にて

    ハルカス事務所への行き方マップ

     

    参加希望の方は、下記エントリーフォームにてお申込みください。

    https://form.run/@kohnan-2021

     

    ※先着順のため、定員の場合は、別日程をご案内することがございます。

     

    【本件に関するお問い合わせ先】

    幸南グループ 人事採用チーム

    TEL:072-332-2041(受付時間:平日9:00~17:00)

    Email:jinnji@kohnan.co.jp

  • 2020/02/20ニュース

    第43回米飯管理士認定講習を福岡会場で実施しました。

    弊社、会長が特別顧問を務めております「NPO法人日本米飯管理士協会」では、

    九州会場第3回目の開催として「第43回 米飯管理士認定講習会」が、

    【福岡市健康づくりサポートセンター(あいれふ)】にて開催されました。

    KIMG0392KIMG323701

     

    『日本米飯管理士協会』とは、

    日本の主食であるお米を正しく炊飯するというお米そのものの性質を学び、

    お米のそれぞれ異なる素材を、いかにおいしく提供できるかという非常に大切な講習会であります。

     

    どうやったら美味しいお米が炊けるの?

    今、どこの産地が美味しいの?

    など様々な疑問に対して、お米のプロが回答します!

     

     

    実際、このような問題が出題されます。

    問題

    お米の味を決める影響力が一番大きいものを選べ。

    ①産地

    ②気候

    ③品種

     

    問題の答えは、下にあります。

     

    また、受講頂きました皆様には、お米の筆記テストと食味テストを行い、

    食味テストは、見た目、香り、味覚を頼りに、回答して頂きます。

     

    KIMG0391

     

    普段何気なく食べているお米ですが、少しの知識と技で格段にレベルが上がります!

    そして、お米の生産、流通、加工メーカー、量販店、外食産業、学校関係、病院・施設など

    さまざまな業界・業種から受講される方が増えています。

    おいしいお米・ご飯について、より詳しくご案内ができるとご好評を頂いております。

     

    KIMG323901

     

    上記の問題の答えは、③です。

    お米の味を決める影響力が大きいのは、品種です。

    品種が変われば、お米の育ち方、味、香りが大きく変わります。

    このような問題が出題されます。

     

    次回  第44回は、大阪会場: 3/18(水)大阪ガス ハグミュージアムにて開催いたします。

    次々回 第45回は、東京会場: 4/17(金)東京農業大学 「食と農」の博物館 にて開催いたします。

    ご興味のある方は、どうぞお問い合わせください。

     

    〈お問い合わせ先〉

    NPO法人 日本米飯管理士協会

    Tel:06-6627-6222

    ホームページ:http://www.komekanri.com/

     

ブログ一覧へ

ページの先頭へ